The Thinking of Homeland project is an international art collaboration created to benefit the Japanese Red Cross. Its mission is to raise funds to assist with the ongoing support needed in areas affected by the March 2011 earthquake, tsunami and nuclear disaster in Japan, through the sale of a limited edition collection of prints.

The organizers, graphic designer Kate Ferrucci of Quarto Design and Japanese illustrator Saeko, invited twenty expat Japanese artists to participate in the project. The artists – who include include illustrators, painters, printmakers, photographers, sculptors and textile artists – each donated an original artwork based on the theme ‘Thinking of Homeland’ for this collection.

The complete set of 20 artworks is produced in a limited edition. The prints are available for purchase as a set in a ready-to-hang wood frame, and can be shuffled to display a different print at any time.

Help rebuild lives in Japan with every purchase of this beautiful collection of prints by Japanese artists. All profits are being donated to the Japanese Red Cross. Thank you for your support.

「Thinking about Homeland : 祖国を想う」は日本赤十字への義援金を送る事を前提にはじめた、国際的なアートコラボレーションです。この作品の売り上げにより、2011年3月に日本で起こった東日本大震災、それに伴う津波と原発事故による被害者の方々への支えに少しでも役に立てばと考案しました。この企画の発案者であるグラフィックデザイナーのケイト・フェルッチとイラストレーターの彩絵子が日本国外に住んでいる20人の日本人アーティストに声をかけて参加してもらいました。参加してくれたのはイラストレーション、絵画、版画、写真、彫刻やテキスタイルなど、様々な分野で才能を輝かせるアーティストです。今回のプロジェクトのテーマ「Thinking about Homeland : 祖国を想う」を元に、オリジナル作品を提供していただきました。20作品をセットにして、500部の限定版として制作しました。特製の木製枠に入れられ、お気に入りの絵を簡単に入れ替え壁にかけて飾る事ができます。この素敵な作品を購入して、元気な日本復興のお手伝いをしませんか。この作品で集まる収益金は全て日本赤十字への寄付金となります。ご支援、ありがとうございます。


Thinking of Homeland was featured on Design Week’s ‘Things We Like’.

Thinking of HomelandがDesign Week’s ‘Things We Like’で取り上げられました。